美味いちご園

「美味いちご園」をご紹介します

今シーズンより、自社いちご農園「美味いちご園」を始めました。
現在3名のスタッフがおいしい苺をお届けする為、日々励んでいます。

美味いちご園・外観

「美味いちご園」のいちごハウスでは、高設式養液栽培システム(空中栽培)を導入。このシステムの導入により、太陽の光が均一に当たり、品質の高いいちごが生産できます。
肥料や水、ハウス内温度はすべてコンピュータで管理を行い、徹底した衛生・品質管理を行っています。
また、いちごの果実が地面から離れて空中に浮いているため、土壌菌などの病気にもかかりにくく、土壌栽培よりも農薬の散布回数を抑えて栽培することができます。

美味いちご園・外観

栽培品種について

品種は「おいCベリー」1反(約10アール)と、「女峰」2反(約20アール)を栽培しています。それに加え、「よつぼし」という新品種を実験として少し植えています。

おいCベリー

「おいCベリー」は2012(平成24)年に品種登録されたばかりの新しい品種です。その名の通り、ビタミンCの含有量が市販いちごの品種において最も多く、農研機構の紹介によると、たった7粒で1日に必要なビタミンCを摂ることが出来るほどだそうです。
果実の形は円錐形で、果実の表面は濃い赤色をしています。果肉はしっかりとしていて、甘さが強く、バランスの良い酸味が後に続きます。

女峰苺

長円錐形で整った形の「女峰」は、甘味と酸味のバランスが非常に良く、鮮やかな赤色をしています。果肉はやや硬めでしっかりとしており、果実の中まで赤いのが特徴です。
ピューレやジャムにも最適です。

今後の予定について

現在、イチゴの花がちらほらと咲き始め、ミツバチがハウス内を飛び回り、交配をしているところです。順調にいけば、11月下旬頃から収穫が出来始める見込みです。

今後のいちごの成長を、時折ブログで発信していきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

市原部長

↑ページの先頭に戻る
会社概要|基本情報や組織図など 業務内容|青果仲卸の業務、取り組みなど お問い合わせ|上明な点などお気軽にご連絡下さい 採用情報|袋詰めスタッフ募集 美味いちご園|自社いちご農園について いっちゃんの日記 随時更新!五色青果のブログ 五色青果直営■美味旬果 visit